【 7月のご案内 】

 ■ ガラスの器展  開催中。
   日時  6月30日(土)~7月8日(日)
 大雨のため会期延長  ~7月28日(土) 営業日 水曜日~土曜日
   場所  Gallery YO  鳥栖市弥生が丘6丁目1-36

 ■ 10周年祭  開催中。本日最終日。
   日時  7月20日(金)~7月22日(日)
   場所  吹きガラス工房 琥珀   嘉麻市牛隈1852-2

吹きガラス工房 琥珀 ホームページはこちら からご覧いただけます。

吹きガラス工房 琥珀 facebookはこちら からご覧いただけます。

2010年07月30日

マイグラス その後。

琥珀です。


製作の後は出来た作品を洗ったり、仕上げをしたりと、

作品のチェックや整理となかなか大変な作業が待っています。




そんな中うれしい連絡が届きました。

先日、ガラスの体験をした航太郎くんのグラスのその後です。

こっちも初めての体験だったのでうれしくて、この話題の続報です。


航太郎くんは自分で作ったマイグラスを使っているらしく、

回りの評判も上々のようです。





(横は初披露!お母さんの作った一輪差しです。これも素敵です。)



小学4年生で、初めてで、この出来はすごいなと思っていたら、

やっぱりものづくりが好きなようです。

折り紙で恐竜を作ったり、レゴブロックで創造性を養ったり、と。

なるほど、です。



やっぱり、ガラスの道にお誘いしたいのですが・・・お母さん......。



でも、子供のころになりたいと思った職業に就く人はどれくらいいるのでしょうか?



ガラスなんて、子供のころはおろか、学生時代にも考えていませんでした。



やっぱり人生に岐路ってあるんですね。

いろいろつまづいたときには、

特に若いときには、

先のことを考えたりします。


ガラスをやりたいと思ったのも、26歳ぐらいだったと思います。

衝撃的な出会いというわけでもなく、学生時代からあった何か小さなものが、

土の中で大きくなり、あるとき急にを出したのです。



もともと我が強く、自分の決めたことは通さないと気がすまない性格で、

組織には合わないなと思っていました。

(今はもっと我が強くなってます。さらに無理です。)


今は自分で決め、その責任も自分で負い、なかなか厳しいですが

充実しています。

もちろん周りの力を借りながらですが。。。



自分の作ったものを手に取り、喜んでもらい、その人の生活の一部となる。


ガラスを通して。。。


とても幸せな仕事だと思ってます。


自分の生きた証のようなものを残したくて、この道を選び、歩んでいます。


今後もたくさんのガラスに想いを込め、新たな命を生み出していきたいと思います。







同じカテゴリー(吹きガラス体験)の記事画像
吹きガラス体験作品紹介~2018年6月~②
吹きガラス体験作品紹介~2018年6月~①
吹きガラス体験作品紹介~2018年5月~
吹きガラス体験作品紹介~2018年3月・4月~②
吹きガラス体験作品紹介~2018年3月・4月~①
吹きガラス体験作品紹介~2017年11月~
同じカテゴリー(吹きガラス体験)の記事
 吹きガラス体験作品紹介~2018年6月~② (2018-06-21 20:11)
 吹きガラス体験作品紹介~2018年6月~① (2018-06-20 20:28)
 吹きガラス体験作品紹介~2018年5月~ (2018-05-23 21:10)
 吹きガラス体験作品紹介~2018年3月・4月~② (2018-04-14 08:13)
 吹きガラス体験作品紹介~2018年3月・4月~① (2018-04-11 21:56)
 吹きガラス体験作品紹介~2017年11月~ (2017-11-28 06:56)

この記事へのコメント
体験は 一度に何人行っても大丈夫ですか?

8/26に 楓さんスタッフで行きたいんですが
Posted by EKO at 2010年08月02日 13:58
~自分の作ったものを手に取り、喜んでもらい、その人の生活の一部となる~
ステキですね。
職人の方がひとつひとつ手作りされた作品には、その方の生き方とか心とか現れているような気がします。
そんな作品を使うときは、扱いも丁寧になります。
作り手と、使い手、が一つの作品で繋がっているって、嬉しいですよね。
Posted by まみいまみい at 2010年08月02日 19:02
EKOさん

昨日はお邪魔しました。

体験、お待ちしてます。

航太郎くんに負けないようなものを。。。
Posted by 琥珀琥珀 at 2010年08月03日 13:41
まみいさん

愛着を持って使っていただけたらうれしいですね。

生活を共にし、思い出を刻むガラスになれたら、作り手にとって、最高の幸せです。
Posted by 琥珀琥珀 at 2010年08月03日 13:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。