【 10月のご案内 】

 ■ アーツ&クラフト静岡  終了しました。
   日時  10月7日(土)~8日(日)
   場所  静岡県護国神社     静岡市葵区柚木366番地

 ■ 秋の吹きガラス体験・10月   予約受付中。
   日時  10月20日(金)~10月23日(月)
   場所  吹きガラス工房 琥珀    嘉麻市牛隈1852-2

 ■ 旅する蚤の市inSasebo  
   日時  10月29日(日)
   場所  佐世保市新港広場    長崎県佐世保市新港町5

吹きガラス工房 琥珀 ホームページはこちら からご覧いただけます。

吹きガラス工房 琥珀 facebookはこちら からご覧いただけます。

2017年04月05日

吹きガラス体験作品紹介~2017年3月~⑤最終

琥珀です。


3月の体験最終日にお越しになった方、
お待たせいたしました。
満を持しての紹介です!


まずは、
若い女性お2人

お互い、好みや考えがよく似てるというのも
うなづけるほどの作品です。
色、デザインまで、ほとんど同じです。
お二人仲良く楽しそうで、こちらも楽しく体験が出来ました。
ぜひまたお越しください。


次は、家族3人

ご夫婦とお母さん。
女性陣は作るものがなかなか決まらず、
旦那さんの激しいツッコミがある中、
結果、出来上がりは上出来でした。
女性陣強し!



次も、家族で。

とても仲の良い、あったかいご家族で、
4人で体験。
小学校の今どきの夏休みの自由研究は、
夏休みではなくてもいいらしいのです。
と、いうことで娘さんは、
これを吹きガラス体験の作品とレポートを研究課題に。
手元に届いた作品にも家族みんなで大喜びのだったようです。



次は、熊本から男女お2人で。

吹きガラス体験をしたいということで、いろいろ探され、
遠いところお越しいただきました。
おふたりとも、終始スムーズで、
出来上がりもいい感じに。
思い通りのカタチになったのではないでしょうか。
ちょっと距離はありますが、ぜひまたお越しください。


そして最後は、
若い女性3人組

若い女性はパワフルです!
サイコーに楽しみながらの体験でした。
作品は、3人とも花瓶を。
三者三様でそれぞれ違ったカタチに。
最後はハートで締めくくりました。。。




という感じで、
たくさんの作品が生まれました。

なんと、62個

62通りの思い思いの、自分だけのオリジナルの作品です。

みなさま、どうもありがとうございました。




4月は、
21日(金)~24日(月)の4日間です。
現在、予約受付中です。







  


Posted by 琥珀 at 11:40Comments(0)吹きガラス体験

2017年04月02日

吹きガラス体験作品紹介~2017年3月~④

琥珀です。



続き、どんどん参ります。


まずは、
小、中の時の同級生が、お子さんを連れて。

男の子とそのお友達の女の子が参加です。
小学校時代の同級生が小学生の子供を連れて、というのは、
なんだか不思議は感じでした。
いいオッサンが、いつまで子供気分だ!と笑われそうですが…。
そんなことより作品です。
まずは、男の意地?かはわかりませんが、
先にやり、そのお手本がよかったのか、
女の子はバシッと決めました。
いい経験となれば・・・。
毎日使ってください。。。



次は、わざわざ佐賀から男女で参加。



5月にご結婚ということで、それぞれのご両親へのプレゼントです。
予約は詰まっていましたが、
時間があればおばあちゃんにもという何とも優しい気持ちを。
こちらも頑張っておばあちゃんの分もぜひと思い、
時間配分を考え、全部で5個バッチリ完成です。
おばあちゃんも分も作った男性は、
ものすごくセンスが良く、器用で、こちらもサポートしながら感心しきりでした。
出来ももちろん上々の仕上がりで、
きっと最高の贈り物になることでしょう。
少し早いですが、
ご結婚おめでとうございます!



次は、お母さんと娘さん

ご希望はシンプルな感じで。
使い勝手は、やはりシンプルなものに限ります。
それぞれ出来はどう感じられたでしょうか?
使っているときも体験の話題が出たりするのかもしれませんね。
大切に、そしてたくさん使ってください。



ということで、今回で4回目の紹介が終了。
次回が最終回です。
最終日に体験された方、次回にご紹介いたします。
乞うご期待!

  


Posted by 琥珀 at 23:43Comments(0)吹きガラス体験

2017年04月01日

吹きガラス体験作品紹介~2017年3月~③

琥珀です。


作品紹介、3日目です。



まずは、女性

琉球ガラスが大好きという女性。
このガラスの魅力は素朴で、温かみがあるところ。
それがしっかり生かされている作品に仕上がりました。
体験中、こちらのミスがあり、すみませんでした。・・・。
思い出の一つとして・・・(言い訳です…)。



次は、息子さん2人

家族で来られ、
体験されたのは、息子さんでした。
おじいちゃんの分までがんばって作りました。
出来をご覧なった感想はいかがでしょう?
良い体験になっていればと思います。



次は、若い女性2人


大阪から遊びに来ている友達と2人で体験です。
とても楽しい体験となりました。
出来ももちろん大切ですが、
楽しんで作ること、
モノが出来ていく、カタチになっていくことの喜びを感じることも
とても重要だと思っています。
ともに味わえたのではないでしょうか。。。
作品を手にすると、
体験が思い出として深く刻まれていくことを願います。



次は、女性2人


花瓶とお皿。
両方とも気を緩めることができない、
真剣勝負です。
事前の説明がプレッシャーを与えたかもしれませんが、
ともにうまく出来ました。
ご自身の感想はいかがだったでしょうか。



次は、男女2人で。

体験される方、ほぼみなさん初めてですが、
体験前の不安と打って変って、
終わった後は、緊張からの解放と自分の作品を作った充実、
さらに「もう少しこうすれば…」という、いい意味での欲。
そういういろんなものが、吹きガラス体験の魅力なのです。
とてもいい感じで出来上がりました。



今回は、このような作品が生まれました。
皆さんもう手元に届いていて、いろんな思いを感じられていると思います。
自分だけの、自分にしか作れない作品の数々です。


そんな作品、明日も紹介していきます。。。
  


Posted by 琥珀 at 23:03Comments(0)吹きガラス体験